2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

corel painterでの作業の流れ

久々に作業工程をうpしてみようと思います。
聞いてやるという方はこのままお進みください。

使用お絵かきソフト 1)SAIペインター 2)corel painter


A) 下書き(というかラフ)を描く
これはSAIです。saiのクレヨンのテクスチャを使って描きます。なぜSAIかというと、修正や加工が簡単ですし、直感的にスラスラ描ける気がするからです。根拠はありません。
ぶっちゃけ下書きの線なんてのは全部消えちゃうので存分に描きましょう。

ある程度形になったら、切りのいいところでPSDファイルで保存しちゃいましょう。
(以降全部painter作業になるのでいろいろと相互性のあるPSDに)

B) 何はともあれ背景を塗ります
もうこっから全部painterです。
painterでPSDを開くと下書きレイヤーとキャンバスってレイヤーが二つあると思うんですけど、その間に新規レイヤーをつくって、ガスガス背景を塗っていきます。
最初にctrl+Fでガッスリ塗って、オイルパステル10とかでざっくり塗ります。
それからブレンド(紙目水筆)で混色して色を馴染ませていきます。
どんな変な色でもそれなりに混色してくれるのがpainterを信奉する所以です。


C) キャラの色決め
失敗したときにすぐに消せるように背景レイヤーの上に、人物塗りレイヤーを作ります。
painterはSAIに比べてやり直し回数が少ないので(設定で多分変更できるだろうけど)、失敗したときの事を考えて別レイヤーに描いていくと、後々のショックが少なくてすみます。
とにかく、キャラの色を大雑把に塗ってみます。
あるていどキャラが塗れたら、一番上にレイヤーを作成して、厚塗りしていきます。
寧ろここまでが下書きの様なもので、このレイヤーで塗り重ねて作品を完成させて行きます。
まず、一番上の新規レイヤーで、【下の色を拾う】にチェックして描いていきます。

主線と下の色をブレンド(紙目水筆)で馴染ませます。
大体主線が見えなくなるくらい混色させたら、細部をそのまま描き込みます。
一番魅せたいところの書き込みを多くして、重要度の低いところはあまり描き込まないようにしています。どっかで聞いた話では、全部綺麗に描き込んでしまうと写真みたいになって、描き手が何を魅せたいかが分からなくなるそうです。
まあ僕の場合は、全部細々と描くのがめんどくさいので描かないだけですけどね。
とにかく、混色させて、好きな筆で整形していきますよっと。

D) こうなりました
こまかいところは影とかにして省略しちゃう。ものぐさだなぁ。

脚がなんか気にくわなかったので霧みたいなの描いてごまかしてみたり。

E) お好みでフィルタ調整
フィルタ調整でもいいし、そのまま描き込んで調整してもいいし。
明度とか彩度とか微調整して完成!
個人的にはC~Dが一番時間かかりますけど楽しいです。


以上、 ある自動車修理工の肖像 の制作過程でした。

## お絵かき講座 まとめ ##

スポンサーサイト
2009..13 お絵描き講座/SAIで描いてみた comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://zivntgamvaraletamnde.blog18.fc2.com/tb.php/774-36c965d4

FC2 Counter

MENU

Calendar


09 ≪ 2017/1011
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

プロフィール

HOMEX

Author:HOMEX

ダメな絵とかいろいろ描いてます。
記事に添付してある画像は
クリックで拡大してくださいまし
Ad

気が向いたらドロワーとかしたりしてます。

リバーシしてもいいのよ

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。